楽しかった小学校のクラブ活動、特にべっこう飴の思い出

小学校も、高学年になるとほとんどの学校でクラブ活動が始まります。20年ほど前になりますが、私が小学生だった時で、思い出に残るクラブ活動があります。4年生の後期に入っていた理科クラブです。忘れられないのが、アルコールランプに金網を乗せ、その上でアルミのカップに砂糖水を入れて温め、べっこう飴を作って食べたことです。やり方も水にスティックシュガーを入れて温めるだけと簡単でした。砂糖水がブクブクと泡立って固まり、市販のべっこう飴のようにきれいにできた時は嬉しかったですね。しかし子供なので、理科クラブでは他にも様々な活動をしたはずが、べっこう飴を食べたことしか思い出せません。小学校のクラブは他に、特に女子に人気があったのは家庭科部や手芸部、男子ではサッカー部でした。クラブ活動はたいてい週に一日、6時間目を使って活動していました。年下のいとこや知人などに話を聞く機会がありましたが、中には音楽クラブで朝練などもして、発表会で素晴らしい演奏を聞かせてくれるところもあるようで、私も入ってみたかったな、と少し思いました。キレイモ 町田店

たこ焼きパーティーのついでに野菜嫌い対策

我が家では数カ月に1度みんなでたこ焼きパーティーをします。夫が作ってくれるし、子供たちも喜ぶので私も大賛成。そして大賛成のもう1つの理由は、子どもたちの嫌いな野菜をみじん切りにして食べさせることができるからなのです。
子供って普通に調理した野菜は全然食べてくれないんですよね。でも、たこ焼き、お好み焼き、ホットケーキ、ハンバーグのときはここぞとばかりに野菜をこっそり入れちゃいます。
今日は何を入れようか、最近野菜高いからどうしようかとスーパーで探していると、半額シールが貼られたサラダを見つけました。キャベツ、にんじん、コーンなどなど色々な野菜が少しずつ入っているし既に切ってあります。後はさらにみじん切りにするだけなので楽。しかも44円で経済的。野菜は買わずにこのサラダを活用することに決定です。
さて、たこ焼き作りです。タコの代わりにウインナーを入れたりチーズを入れたり、子供の好きそうな味にして、子供たちは野菜が入っているとも知らずにもりもり食べましたよ。http://www.dietfreeblog.net/

今日は久しぶりにお外に洗濯物を干すことができました。

今日は久しぶりにお洗濯をお外に干すことができました。
朝のうちは全然雲も出ていなくて本当にお洗濯日和という感じでとても気持ちが良かったです。
お昼前あたりから雲が散らかり始めましたが、なんとか雨は降らずに持ってくれたので何よりですね。
今日は天気予報的にも雨は降らないという感じだったので、絶対お洗濯しようと思っていました。
計算通り、お洗濯ができたのは本当に良かったです。
木金とお天気が崩れると聞いたので、明日また洗濯をしておかなければいけませんね。
最近天気がよくわかりません。
涼しくなったのはいいことなのですが、晴れてくれてるのやら、雨が降ったりなんだりだったりで大変です。
雨が降るとお洗濯ができなくてグジグジなってしまいますもんね。
カワックを使うという手段もあるのですが、カワックはやっぱり室内干しなのでニオイも気になりますし、ましては電気代もかかってしまいます。
太陽光発電ですが、カワックを使う日は基本発電できないのでね。

「生産性」に傷つく人たち?価値観を発信することとは?

杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」という発言が物議を醸しています。
この発言の趣旨は「LGBTの人たちは子どもを産むことができないから、その人たちを支援する費用を不妊治療を行っている人に回すべきだ」というものだと解釈しました。
そう言われてみると、決して間違っているわけではないと思います。
確かにLGBTの人たちは子どもを産めないという意味では生産性がありません。
それは本人たちもわかっていると思います。
しかし、子どもを産むことだけが男女の課題ではないと考えます。
男女で結婚をしていても子どもを作らない夫婦もいますし、それが幸せでないかというとそうではありません。
子どもを作らない選択がその人たちの幸せかもしれませんし、皮肉な言い方をすると子どもを持たない夫婦も生産性がありません。
LGBTという生き方も間違っていません。
「生産性がない」というたったの一言で傷ついてしまった人がいることは残念です。
ただ一人の価値観が様々な人に影響を及ぼしてしまうことが事実です。
自分の価値観を発信するときには、その発言で傷つく人がいないかどうかをよく考えなければならないと思いました。

今回の台風はものすごく怖い感じがしました。

今回の台風はものすごく怖かったです。
何が怖いって、もう音がとんでもなく大きくて、強風なのがよくよくわかりました。
実際に後でチェックしてみると、30m/sくらいだったみたいですが、それでもよほどです。
家が飛んでいくかと思うくらいにゴーゴー言っていて、今までに経験したことがない感じがしました。
今、初めて一軒家に住んでいて、初めての台風の経験だったのですが、こんなに音がするのは、
初めて一軒家に住むからなのか、それとも今回の台風がとんでもなかったからなのか、わかりませんでした。
でも、ツイッターを見ていても、みんな台風怖いとつぶやいていて、今までに経験したことがないと言ったりしていたので、やっぱり後者が正しいのかなと旦那とも話しながらです。
しかも今回は台風が過ぎたからって全然晴れないのがまたびっくりです。
台風一過という言葉が通用しないのが、嫌な感じですね。
晴れてくれるかと思ったら、雨雲が今も近くにあって、落ち着かないものですね。http://www.infotrg.org/

趣味のドライブを休日に楽しむ過ごし方紹介

休日になると仕事の疲れをとるのと、車の運転がすきな為、一人で気ままなドライブに出かけるのが楽しみです。場所などは決めずに、ぶらりと車を走らせながら、色々な景色を眺めながら少し遠出をして楽しんでいます。一人で行くのは、誰にも気遣いする必要もなく十分に楽しむことができます。普段の生活では体験できないことも数多く体験することが出来ます。峠を走れば、色とりどりの草花を眺めることができますし、奥深い山だと野うさぎやキタキツネを見ることができます。時期にもよりますが野生の鹿と遭遇することもあります。北海道は広大な土地と豊かな景色を楽しみながらドライブすることが可能です。ご当地グルメを楽しみながらゆったりとした時間を過ごすのも普段の生活のストレスや疲れをとるのに、快適だと思います。海沿いを走れば、潮風を感じながら壮大な海を眺めつつ車を走らせるのは祝福を感じられます。時間があればトライして後悔はないと思います。無痛脱毛

友達のことが羨ましく感じて仕方ありませんよ

友達が本当に羨ましくて仕方ないです。
私は大好きな友達だと思っているから友達に対する不満とかはあまり言いたくないのですが、彼女は障害年金を貰って一人暮らしをしています。
仕事はしていません。
障害者とは言っても彼女は歩くことも出来るし人と会話することも問題なく出来ます。
体が不自由なわけでもないですし、鬱状態になることは確かにありますが、とても元気です。
それなのに障害年金を貰って生活出来るなんて世の中不公平だよなと思います。
友達がさっきメールをして来ました。
何気ないメールでした。
イラストが添付されていたのですが「描いたので見てー」という内容でした。
こちらは鬱状態もあるし病気なのに障害年金なんてもらえません。
それでも仕事はしなければならないから内職を頑張ってしています。
彼女は平和でいいなと思いました。
働かなくてもお金が行政から貰うことが出来る。
凄く不公平な世の中だなと感じます。
私も何処かからお金をもらいたいものです。顔脱毛 部位

何歳になっても自分の歯でご飯を食べられるように

20代前半頃までは、歯のケアは最低限でした。朝昼晩の食事後にささっと歯ブラシで磨くだけ。
特に問題ないと思っていたのですが、奥歯が痛くなって歯医者さんに診てもらった時、「まず歯茎全体が腫れている。このままだと歯周病になるからちゃんとケアすべき」と言われました。具体的には、歯間ブラシやデンタルフロス等を使って、歯と歯の間、そして歯茎の奥の食べかすもしっかり取り除くことが大切だと言われたのです。
当初は「わかりました」と返事はしながらも、実際には面倒だったので通常の歯磨きだけで済ませる日々を送っていました。しかし何度か歯医者に通っていくうちに、歯医者さんが「なんでちゃんとケアしないのかな?面倒くさいの?」と少しぴりぴりとしてきたので、「これはまずい」と思って言われた通りのケアを開始しました。
そしてこれが本当に驚いたのですが、ちゃんと歯を磨いた後にも関わらず、歯間ブラシやフロスをすると、ぼろぼろと食べかすが出てくるのです。衝撃でした。「私はこの食べかすたちを20年近く放置して、溜め続けていたのか」と激しく後悔し、それからは毎日欠かさず行い続けました。
結果、まず最初のころはフロスや歯間ブラシをするだけで歯茎が血だらけになっていたのですが、それが全くなくなりました。歯茎の腫れがなくなったのです。口臭も以前よりましになった気がします。
あのとき歯医者さんに釘を刺されないままケアを怠っていたら、最終的には歯茎がぼろぼろになって歯が抜けて、自分の歯がどんどんなくなっていたかもしれません。おばあちゃんになってもなるべく自分の歯で食べ物を噛んでいけるよう、これからも歯のケアをしっかりやっていきたいと思います。http://www.sandlerltd.co/kireimo-yoyaku.html

みんなが待っていた高梨選手のメダル獲得。

ソチオリンピックでメダルを逃した高梨沙羅選手が4年越しの平昌オリンピックでメダルを獲得してくれました。きっと、日本中が自分の娘や妹の様な目で見守っていたように思います。ワールドカップ通算53勝という男女通して最多となる勝利数を誇る高梨選手、ソチオリンピック前も絶好調で金メダルの期待がかかっていましたがまさかの失速で4位という結果に終わってしまいました。まだ沙羅選手は17歳で必死にインタビューに答える姿を見ているのも辛い状態でした。
その後、次の平昌こそ金メダルと思っていると今シーズンになってノルウェーとドイツの選手が一気に成績を伸ばし、今シーズンは未勝利のままオリンピックの本番を迎えました。不安のある中、大きなジャンプを跳んでくれ見事銅メダルを獲得してくれました。最後のインタビューで「まだ自分は金メダルを獲れる器ではない」と更なる向上心を語りすぐに4年後を見据えていたのは本当に冷静で自分に厳しい選手だなと思いました。しばらくは銅メダルを獲った余韻に浸ってもらいたいです。脱毛ラボ 48

スケボーとローラースケートについての話などをします

スケボーとはスケートボートの略で略してスケボーとなります。基本的にそんなに金額的に高いものではなく、わずか数千円などで、買えてしまうもので、今でも街でスケボーに乗ってる人を見かけたりすることもたまにあります。若い人に多い傾向です。チクタクというテク二ックは基本的なもので、足を使いジグザグにローラーを転がしながら進むテクニックです。分かりやすく言うと、板を、右、左、右、左などと動かし、進むわけなのです。ちなみに位置としては、板の下に、ローラがついていて、足を板の上にのせて乗る免許の要らない乗り物なのです。木製の板などが多いと思いますが、中にはプラスチック素材の物もあるのかも知れません。板の部分も。それに対し、滑り止めか何かの役割りなのでしょうけれど、そのための素材などがコーティングされたりもしています。ローラースケートは有名な人だと、昔光源氏とかがよく乗ってましたよね。確か7人組位のグループだったと思います。