米というのは過剰生産であるのかということは

1970年代に始まった米の過剰生産というのがあるのですがこれによって稲作の調整というのが続いていました。米消費の減少には様々な食生活の多様化というものがその要因として認められているものであり農林水産省は需要拡大のために色々とやっているのは確かです。新しい米の利用法とか加工法の開発などにも力を入れているというのが今現在の特徴であると言えるでしょう。米の生産がこれから伸びるのかといえばそんなことはありませんので新しい活用法などを見出したい、ということになっています。特にやることは輸出することができて利益になるのであればそれに越したことはないということです。減反政策なんてものをやっているわけですがそれでも少なからず米は国内で需要があるものではあります。ただ少なくともなくなってしまっては困ると言うことではあります。ですから基本的には少なからず作らないといけないことになりますし全ての田んぼをなくしてしまうことを競争の原理で行ってしまわないようにという配慮がされています。全身脱毛 効果