米というのは過剰生産であるのかということは

1970年代に始まった米の過剰生産というのがあるのですがこれによって稲作の調整というのが続いていました。米消費の減少には様々な食生活の多様化というものがその要因として認められているものであり農林水産省は需要拡大のために色々とやっているのは確かです。新しい米の利用法とか加工法の開発などにも力を入れているというのが今現在の特徴であると言えるでしょう。米の生産がこれから伸びるのかといえばそんなことはありませんので新しい活用法などを見出したい、ということになっています。特にやることは輸出することができて利益になるのであればそれに越したことはないということです。減反政策なんてものをやっているわけですがそれでも少なからず米は国内で需要があるものではあります。ただ少なくともなくなってしまっては困ると言うことではあります。ですから基本的には少なからず作らないといけないことになりますし全ての田んぼをなくしてしまうことを競争の原理で行ってしまわないようにという配慮がされています。全身脱毛 効果

わが家の畑に植えたトマトの実が熟れ始めてこれから食卓に色を添えてくれるのが楽しみです

今年の4月中旬にホームセンターで苗を買って畑に植えたトマトの実が赤く色づき始めました。品種は桃太郎というスーパーなどの店先でもよく売られているものですが、今のところ3個の実が色づき始めたようです。苗木は2本購入していますので、これから順次色づいてくると思うと今から楽しみです。それにしても最近のトマトの香りには、昔ほどの生臭さがありません。昔は畑で採れたトマトには、野菜独特の生臭さがあり、それがとても香しく感じたものでした。トマトを冷たい水で冷やして、それを食べるというのが私の子供時代のおやつであったことを思い出します。現在のトマトはいろいろと品種改良がされており、この生臭さも薄れていると言うことを聞いたことがあります。段々昔の懐かしい思い出が少なくなってきていますが、これも時代の流れとなれば致し方ないものです。今年のわが家の庭の小さな畑も、先日ジャガイモの収穫が終わったばかりです。あとはこのトマトとサツマイモそれに下仁田ネギが少しばかり残っているだけになりました。現在成育中のトマトが早く収穫できて、食卓に彩りを添えてくれるのを今から楽しみにしたいと思っています。ミュゼ 予約変更 ログイン

あまりにも暇すぎて、ネットで暇つぶしの仕方を検索してみた。

暇、暇、暇。
あり得ないほど暇である。
何処かへ出かけようにも、金欠でお金はない。
そんな時の暇つぶし、世間の人達は一体何をしているのだろうか?
自分自身が思いつくものといえば、やはり1番にネットサーフィン、次に読書、昼寝。
どれも飽きてしまったし、暇で時間はたっぷりあるので、暇つぶしの仕方を検索してみた。
まぁ、これもネットサーフィンになるのだけれど、今後のために。ということで…。
検索結果はやはり同じで、ネットサーフィン、読書、昼寝が多かった。
その他だと、筋トレ、ゲーム、散歩、瞑想、音楽鑑賞、楽器の演奏、映画鑑賞、塗り絵、絵を描く、手芸、お菓子作り、料理、数独、クロスワード、パズル、習い事を始める、ポイントサイト、一人ファッションショー、ネットショッピングなどがあった。
グーグルアースで世界旅行気分を味わうというのもあり、現代的だな、と感心した。
グーグルアースも思い付かなかったが、もうひとつ思い付かなかったものがあった。
それはシャドーボクシング。
なかなか楽しそうなので、今からシャドーボクシングをして暇つぶししようと思う。海宝の力 500円

アメリカドラマ「リベンジ」シーズン3 第2話を見て

アメリカドラマ「リベンジ」シーズン3の第2話「原罪」を見ました。
なんとエイダンがヴィクトリアの前に現れ、エミリーを苦しめたいから手を組みたいと言った展開には少し驚きました。それに対してあくまで冷静なヴィクトリア、さすが手馴れていますね。
さて、今回のエミリーのターゲットは、かつてグレイソン社で働きコンラッドの悪事に手を貸した人物で、現在は牧師をしているポールでした。これまでエミリーが復讐を遂げてきた人たちはみんな悪人ばかりでしたが、ポールは今は改心して善人となり慈善事業に力を尽くしています。なのでノーランは反対しますが、エミリーは計画を途中で止めることができません。でも最後には「ノーランが正しい」と自分の非を認めたのには、少しホッとできました。こういったエミリーの揺れ動く心も、このドラマの重要な見どころなのではないでしょうか。シャーロットにも見捨てられて一人病を抱え取り残されたコンラッドを見ると、因果応報という言葉が身に沁みました。
あと余談ですが、ノーランがマフィンを焼く姿がとってもかわいらしかったです。高麗美人 販売店

不器用なので、編み物ができる人を尊敬してしまいます。

私はとても不器用です。小学生からずっと不器用だと言われ続けてきました。
そんな私ですが、大人になって必要に迫られて、簡単なものながら縫い物をしたり、アクセサリーを作ることができるようになってきました。今後も、自分に合ったものを作り続けていく予定です。
ところが、どうにもできないものがあります。それは編み物です。
編み物ができる人を尊敬してしまいます。私の勝手な想像ですが、編み物ができる人には、中途半端な作品を作る人がいないように思います(もし違っていたらごめんなさい)。完璧なものを作る人が編み物をするのではないかと思います。
編み棒・編み糸を選ぶ、作品を何にするか考える、編み目を数えながら編んでいく、どの作業も器用で、神経が細やかで、丁寧な人ができることです。
勝手な推測なのですが、私が編み物ができないのは、作るにしても中途半端だからかもしれないと考えたりしています。
今度、編み機を使うことを考えていますが、編み物をする人を尊敬する気持ちは変わりませんし、編むことを職業としている人にはずっと続けてほしいと思っています。鼻下 脱毛

朝から身体がすごい怠かったですのまとめです。

 朝起きて着替えてランニングをしたまではよかったのですが、調子が悪くて吐きそうになって途中、残り3キロを残して折り返して帰宅しました。その後は軽くストレッチをして汗臭くなった競泳水着を脱いで身体をシャワーで流しました。さすがにもう無理だと思いましたね。あんなに汗臭いのと私の体臭がついてしまった今日水着を着て運動するのはもう無理だと思いながら即、オークションに出しました。それで新しいのを今日は買いに行こうと思っていますが、外は天気が悪く頭が痛いです。気持ち悪いし、吐きそうです。なんだろう昨日、何か訳の分からないものを食べたかなと思いつつ思い耽っていました。昨日は確か晩飯にサバを食べてすぐに寝てしまったんだよなと思いながらまさかサバが当たってしまったと思いながらそんな後重いながら横になっていました。けど、ゲームはできるのでスマホでゲームをしていました。それで寝落ちしてしまい顔にスマホを落としたらしく起きたら鼻血で枕が血まみれでした。

楽しかった小学校のクラブ活動、特にべっこう飴の思い出

小学校も、高学年になるとほとんどの学校でクラブ活動が始まります。20年ほど前になりますが、私が小学生だった時で、思い出に残るクラブ活動があります。4年生の後期に入っていた理科クラブです。忘れられないのが、アルコールランプに金網を乗せ、その上でアルミのカップに砂糖水を入れて温め、べっこう飴を作って食べたことです。やり方も水にスティックシュガーを入れて温めるだけと簡単でした。砂糖水がブクブクと泡立って固まり、市販のべっこう飴のようにきれいにできた時は嬉しかったですね。しかし子供なので、理科クラブでは他にも様々な活動をしたはずが、べっこう飴を食べたことしか思い出せません。小学校のクラブは他に、特に女子に人気があったのは家庭科部や手芸部、男子ではサッカー部でした。クラブ活動はたいてい週に一日、6時間目を使って活動していました。年下のいとこや知人などに話を聞く機会がありましたが、中には音楽クラブで朝練などもして、発表会で素晴らしい演奏を聞かせてくれるところもあるようで、私も入ってみたかったな、と少し思いました。キレイモ 町田店

たこ焼きパーティーのついでに野菜嫌い対策

我が家では数カ月に1度みんなでたこ焼きパーティーをします。夫が作ってくれるし、子供たちも喜ぶので私も大賛成。そして大賛成のもう1つの理由は、子どもたちの嫌いな野菜をみじん切りにして食べさせることができるからなのです。
子供って普通に調理した野菜は全然食べてくれないんですよね。でも、たこ焼き、お好み焼き、ホットケーキ、ハンバーグのときはここぞとばかりに野菜をこっそり入れちゃいます。
今日は何を入れようか、最近野菜高いからどうしようかとスーパーで探していると、半額シールが貼られたサラダを見つけました。キャベツ、にんじん、コーンなどなど色々な野菜が少しずつ入っているし既に切ってあります。後はさらにみじん切りにするだけなので楽。しかも44円で経済的。野菜は買わずにこのサラダを活用することに決定です。
さて、たこ焼き作りです。タコの代わりにウインナーを入れたりチーズを入れたり、子供の好きそうな味にして、子供たちは野菜が入っているとも知らずにもりもり食べましたよ。http://www.dietfreeblog.net/

今日は久しぶりにお外に洗濯物を干すことができました。

今日は久しぶりにお洗濯をお外に干すことができました。
朝のうちは全然雲も出ていなくて本当にお洗濯日和という感じでとても気持ちが良かったです。
お昼前あたりから雲が散らかり始めましたが、なんとか雨は降らずに持ってくれたので何よりですね。
今日は天気予報的にも雨は降らないという感じだったので、絶対お洗濯しようと思っていました。
計算通り、お洗濯ができたのは本当に良かったです。
木金とお天気が崩れると聞いたので、明日また洗濯をしておかなければいけませんね。
最近天気がよくわかりません。
涼しくなったのはいいことなのですが、晴れてくれてるのやら、雨が降ったりなんだりだったりで大変です。
雨が降るとお洗濯ができなくてグジグジなってしまいますもんね。
カワックを使うという手段もあるのですが、カワックはやっぱり室内干しなのでニオイも気になりますし、ましては電気代もかかってしまいます。
太陽光発電ですが、カワックを使う日は基本発電できないのでね。

「生産性」に傷つく人たち?価値観を発信することとは?

杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」という発言が物議を醸しています。
この発言の趣旨は「LGBTの人たちは子どもを産むことができないから、その人たちを支援する費用を不妊治療を行っている人に回すべきだ」というものだと解釈しました。
そう言われてみると、決して間違っているわけではないと思います。
確かにLGBTの人たちは子どもを産めないという意味では生産性がありません。
それは本人たちもわかっていると思います。
しかし、子どもを産むことだけが男女の課題ではないと考えます。
男女で結婚をしていても子どもを作らない夫婦もいますし、それが幸せでないかというとそうではありません。
子どもを作らない選択がその人たちの幸せかもしれませんし、皮肉な言い方をすると子どもを持たない夫婦も生産性がありません。
LGBTという生き方も間違っていません。
「生産性がない」というたったの一言で傷ついてしまった人がいることは残念です。
ただ一人の価値観が様々な人に影響を及ぼしてしまうことが事実です。
自分の価値観を発信するときには、その発言で傷つく人がいないかどうかをよく考えなければならないと思いました。